シングルマザーが実家で暮らす皮肉だが最大のメリット

single-home

シングルマザーになったらどこで暮らせば良いのか悩みます。実家か賃貸か。収入が少ないので支出を抑えたいから実家に戻りたいけど、実家で暮らすとどうなるのか分からない。そんな悩みにシングルマザーになってから実家で暮らした経験から実家暮らしの意外なメリットをお伝えします。

目次

離婚したら実家に戻るか賃貸で暮らすか悩むはず

 離婚を決めてから、どこに住むのが一番良いのかまずは考えると思います。

離婚経験者としては、もし戻る場所があるなら実家に戻るのがよい。と言えます。ただし、様々な状況がありますので今回のお話は戻ることができる実家がある人に限ります。

シングルマザーが実家で暮らす皮肉だが最大のメリット

シングルマザーになって実家に戻って暮らすメリットはたくさんあります。

ですが、その中でも最大のメリットはまた家を出ていく可能性が高まるということです。

それは

  • 自立できるほどの経済力を自力で身に付ける努力をはじめて家を出ていける
  • 再婚する

というメリットです。

もともと自立できるほどの経済力を持っている人は、支出を抑えるために実家に戻るのではなく子どものことを考えて実家に戻るべきか考えていると思います。その場合で実家に戻った人は再婚する可能性が高まります。

なぜなら、

出戻りの実家は想像以上に肩身が狭いからです。

肩身が狭く、精神的に居心地が悪いので早く自立しなければと自然と思うはずです。その結果、経済的に自立したり再婚してまた家を出ていく可能性が高まります。

(家庭の状況によりますので、実家が居心地がよく肩身の狭い思いをしない人はこれらのメリットは受けられないかもしれません)

子供部屋おじさんや子供部屋おばさんがいる時代になぜ孫と一緒に戻ってきたシングルマザーの肩身が狭いのか

かつては「パラサイトシングル」。今は、「子供部屋おじさん」「子供部屋おばさん」。こういった揶揄される言葉がある中、孫と一緒に出戻ってきたシングルマザーは、子供部屋おじさんたちよりも肩身が狭いはずです。

なぜなら、子供部屋おじさんたちはずっと家にいるから。

出戻りのシングルマザーは一度家を出ていて、ご両親は安堵しています。そこへ孫もつれてやってくるのですから、孫は可愛いけど戸惑います。

同じ仕事でも、ずっと続けている仕事の延長と、いったん完結した仕事をまた再開するのでは心労が異なります。

しかも、シングルマザーという世間的には不利な状況を背負って出戻ってくるのですから、ご両親はきっと狼狽します。

そして、傷心のシングルマザーを気遣いながらも、自立しろ!というプレッシャーをかけてくるのです。

ですから、シングルマザーの出戻りは子供部屋おじさんたちよりも肩身が狭いのです( ;∀;)

(私の実体験です。)

実家へ戻ることを検討しているシングルマザーの皆様、ご注意ください!

ストレスを予想しながらもシングルマザーが実家に戻った方が良い理由

  

実体験によるシングルマザーが実家に戻る最大のメリットは、プレッシャーから自立したり再婚する気持ちが高まることです。

シングルマザーが実家に出戻る三大メリット

もちろん一般的に考えられる三大メリットもあります

  • 生活費を抑えられる(特に家賃)
  • 子どものお世話をを多かれ少なかれ祖父母にしてもらえる
  • 親や自分自身の経済状況にもよりますが、親の持ち家であっても年金暮らしなどであれば、母子家庭などのひとり親手当である児童扶養手当が満額もらえるケースもある

経済的な問題点の解消はもちろんですが、シングルマザーが働きながら子育てをする際の子どもの病気など不測の事態に対応できる大人は一人でも多くいる方が安心して子育てができます。もちろんその方が子ども自身も安心して育っていけます。

シングルマザーの三大不安

   シングルマザーの不安点は3つ

  1. 経済的な不安
  2. 子育ての不安
  3. 老後の不安

この3つの不安点を解決しやすくなるのがシングルマザーになったら実家に出戻るということです。

ただし、ご両親との関係を円満にすることがポイントです。

その前に、なぜシングルマザーの不安点が解消できるのか解説します

シングルマザーが実家に出戻ると経済的な不安を解消しやすい理由

シングルマザーの生活が苦しいことはニュースでも取り出されるほど周知の事実です。稼げるシングルマザーは少数派です。

シングルマザーが実家に出戻ると経済的な不安を解消しやすくなる理由は、

  • 生活費が抑えられる(家賃、食費など)
  • フルタイムで仕事ができる為給料が増えやすい

というシンプルな理由です。

シングルマザーが漠然とした不安を持つのは経済的な理由からが大きいです。

金銭的に余裕がある大切さは子育てに関しても、老後に関しても最重要事項となります。

ご両親からのプレッシャーを感じようと、経済的に安心して暮らせるように全力をかけるのはシングルマザーにとってはとても大事なことです。

シングルマザーが実家に出戻ると子育ての不安を解消しやすい理由

シングルマザーはひとり親です。

父親の存在が家庭では薄い存在となります。

昨今のワンオペ育児でも父親の存在は薄いから変わりないように思うかもしれませんが、離婚した場合の子どもにとっての父親の存在はやはりより薄くなりがちです。

人によっては父親の存在を消し去りたい方もいらっしゃるかもしれませんが、努力して父親との関係を円満にしておかないと、自然と父親の存在はなくなります。(なので、元夫である子どもの父親との関係を一切取りたくない方はご安心ください。)

さて、父親がいないということは、子どもにとって頼れる存在は母親のみになります。

子どもにとって頼れる存在は一人でも多い方が良いものです。

働く女性はただでさえストレスを抱えがちです。そこにさらに子育てを一人で抱えてしまうと精神的に参ってしまいます。

プライドなどはすぐにでも捨てて、親や周りの人に助けてもらうことを考えましょう。

自分のためではなく、子どものために実家に出戻ってご両親との円満な関係を築いていくことが最重要項目となります。

また、子どもはいつ感染症にかかるか分かりません。

子どもの看病をしながら働くのは正直いってむつかしいし、仕事を休んだ分収入も減ります。

シングルマザーの暮らしは厳しいものです。

子どものために甘えられる環境がある場合は甘えていきましょう。

シングルマザーが実家に出戻ると老後の不安を解消しやすい理由

シングルマザーになった当時は老後の心配など考えることはないと思います。ただし、実際に暮らしていくと、老後の暮らしも心配する機会も出てきます。

老後2000万円問題。

おひとり様の問題。

私は一切考えていませんでしたが、お金のプロや年長者に話を聞くとやはり備えは必要になります。

ここでも金銭的な問題が発生してますので、シングルマザーが安心して暮らすにはまずは実家に出戻って余計な出費を抑えて少しでも収入を増やすことが大事です。

その為に、1人身だったころよりも真剣にお金に対して向き合うことになります。

実際私は、シングルマザーになってからお金について学び始めました

お金について真剣に取り組みだすことによって、老後の金銭的な問題は回避されます。

また、老後問題のおひとりさま問題。

おひとりさまで暮らしていくか、再婚するか。

色々と考えることが増えます。

おひとり様で暮らすこともありだと個人的には思いますが、仲良く一緒に暮らせる人がいたらそれはそれでいいことです。

実家に出戻っていて肩身が狭い場合、再婚する確率も増えるのではと感じています。

シングルマザーが出戻ると再婚率が上がる実例

私以外にも、実家に出戻ったシングルマザーのお友達が

おうちを早く出たかったからまずは同棲した

と言ってしばらくしたのち再婚していました。

出戻った娘を心配しているご両親の立場でこの記事を読んでくださっている方がもしいらしたら、適度なストレスを娘に与えることは有効ですよ。

シングルマザーは再婚する相手が出てくるのか

シングルマザーになったときに、すぐ再婚相手を探す人もいれば、再婚するつもりはない人もいます。

どちらの場合であっても、再婚する可能性は高いです。

シングルマザーの再婚率

私の友人の中で知る限りではシングルマザーのままの人は1人です。その1人ものびのび楽しそうに暮らしています。

実際に厚生労働省の統計上では離婚するカップルは3組に1組であり、再婚するカップルは4組に1組となっています。

そして、離婚した女性が再婚する確率は4割以上。

5年以内に再婚している女性は2割。

多いとみるか少ないとみるかはそれぞれですが、意外と多いと感じます。

肌感覚ではもっと多いです。

実際、私は結婚はこりごりだと思っていたけど再婚しました。

人生何が起こるか分かりません。

シングルマザーでも意外と自然な流れで恋愛をする機会はあるものです。

その場合、実家暮らしではない方が恋愛は楽しめるかもしれませんが、暮らしを考えると子どもの状況を考えた上で再婚相手との未来を明確に考える良い機会となります。

シングルマザーになったらご両親に迷惑をかけることを詫びつつストレスも覚悟して実家に出戻ろう

タイトル通りですが、シングルマザーになったらご両親に心配や迷惑をかけます。それを承知で、心配してくれる親の気持ちを受け入れつつ、親の子ともいたわりながら、様々なプレッシャーに打ち勝ちながら暮らしていると自立が早まります。

離婚すること自体色々な理由があるにせよ、子どもの親である自分が決めたこと。子どもやご両親に迷惑をかけることは十分承知で、実家に甘えさせてもらいましょう。

そしてちゃんと親孝行もしましょう。

離婚時に出戻らせてもらったおかげで両親との関係もドンパチしながらプレッシャーをかけられながらも今となっては、最初の結婚前よりも円満な親子関係を築けています。

雨降って地固まる。です。

シングルマザーになったら実家に出戻りましょう。

親からのプレッシャーやこれ以上親に甘えられないという気持ちから再婚する機会も増えると思います。

最後に、この、なりふり構わないシングルマザーの体験談を読んで気分を悪くされた方がいらしたらごめんなさい。

甘いですよね(^^;)

でも本当になりふり構っていられないのです。シングルマザーのみなさんも強くたくましく甘えられるところには甘えて、感謝しながら生きていきましょう。

私にとっては親孝行をさらに考えるいい機会となりました。

お読みくださりありがとうございました!感謝。


single-home

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる